【歌词】プラネタリウム | 天体投影仪

天体投影仪
译者:thunder
转载请注明出处
一点点眼泪就把我打动了
虽然会笑话我说太实诚

就好像是藏在了抽屉的深处
有些东西不会让别人看到

把刚刚完成的工作扔在一边
去听盛夏的蝉鸣声

到底会被你吸引到什么程度呢
过于幸福也会感到忧郁

好喜欢身上散发着化妆品香气的你
甚至嫉妒起你过去的他

两人一起抬头仰望天花板的角落
展现在眼前的小小宇宙包围着我们

想一直在你的身边
直到完全忘记了时间的存在

想跟你开玩笑装作睡着的样子
却真的进入了梦乡

如同家具一般的吉他 是我送的礼物
时常帮你调音 在你的身边

把刚刚完成的工作扔在一边
去听盛夏的蝉鸣声

到底会被你吸引到什么程度呢
过于幸福也会感到忧郁

想一直在你的身边
直到完全忘记了时间的存在

想跟你开玩笑装作睡着的样子
却真的进入了梦乡

プラネタリウム
作词、作曲:ASKA
编曲:ASKA
少しの涙に 誘われてしまう僕を
お人好し過ぎると笑うけど

引き出しの奥底に しまい込んでるような
誰にも見せないモノがあるんだ

出来上がったばかりの仕事を投げて
真夏の蝉の声を聞く

どこまで君に惹かれて行くんだろう
幸せすぎて憂鬱だ

お化粧の匂いのする君が好きだよ
昔の彼にヤキモチを焼いてしまう

ふたりで見上げる天井の片隅で
小さく広がる宇宙に囲まれて

時間をすっかりと忘れてしまうくらい
君の側に居たい

悪戯で眠ったふりをしているうちに
夢の中へ入ってしまう

家具のようなギター 僕のプレゼント
ときどき音を合わせてあげる 君の隣で

出来上がったばかりの仕事を投げて
真夏の蝉の声を聞く

どこまで君に惹かれて行くんだろう
幸せすぎて憂鬱だ

時間をすっかりと忘れてしまうくらい
君の側に居たい

悪戯で眠ったふりをしているうちに
夢の中へ入ってしまう



发表评论