【歌词】一度きりの笑顔 | 仅有一次的笑脸

仅有一次的笑脸
译者:thunder
未经译者同意不得转载
在那扇窗的对面
有着无法描述的人生
不知从什么时候起
我好像开始守护着那扇窗

那时候我还有家人
而你已是孤独一人
就像一幅油画那样 一动不动
你只是 只是一直看着窗外

在你的眼中
映出的是什么呢
住在Vivian Way的人

多雨的城市伦敦
悲伤的雨滴 伤感的雨滴
隐藏着旋律的雨滴

那扇窗的窗帘
一定在不为人知的时候被放下了
那样的你 只有过一次
让我看到了你的笑脸

两个年幼的孩子 向着你
跑了过去 挥着手
你第一次 你微笑了

今天突然想起了
那一天的你
突然想起了

想起仅有一次的笑脸
仅有一次的笑脸
遥远的昨日的事

一度きりの笑顔
作词、作曲:ASKA
(注:日语歌词为听写,仅供参考)
あの窓の向こうには
語らない人生があった
いつの頃か僕は
その窓を守るようになっていた

まだ僕に家族があった時に
あなたはもう一人だった
油絵のように 動かずに
ただあなたは ただ外を見てた

あなたのその目には 
何が映っていたのか
Vivian Wayの人

雨の町ロンドンは 
悲し雨 切な雨 
メロディーを包む雨

きっとあの窓のカーテンは
人知れずいつか閉ざされる
そんなあなたが 一度だけ
笑顔を見せたことがある

二人の幼な子が あなたの元へ
駆けよって 手を振った
あなたが初めて あなたが微笑んだ

今日あの日のあなたを 
ふっと思い出した
ふっと思い出した

一度きりの笑顔を
一度きりの笑顔を
はるか昨日のこと



1 篇评论

发表评论