【歌词】London~38 east end road

<<返回「Black&White」

London~38 east end road
译者:river
未经译者同意不得转载
怀念起砖红色的街道
濛濛细雨是那样的亲切

换乘并列的火车 涌向街区

现在还在的吧 绿色的大门
在小院子里给小鸟和小松鼠喂食

那已是遥远昨日的事物

竖起衣领紧紧捂着胸
扬起脸漫无目地前行

作为外国人 会期盼些什么吧

比任何人 都想要了解自己
梦想是可以和明天相比拟的伙伴

那时的确是那样的

穿过眼前的只有寂静
超凡的新星在心中闪耀

比任何人 都想要了解自己
梦想是可以和明天相比拟的伙伴

比任何人 都想要了解自己
梦想是可以和明天相比拟的伙伴

那时的确是那样的
那已是遥远昨日的事物

London~38 east end road
作词、作曲:ASKA
编曲:ASKA
煉瓦色の街が恋しくなる
霧雨はあれほど優しかった

並ぶ電車を乗り継いで 街へ繰り出した

今もまだあるだろうか 緑のドア
庭先で餌をあげた小鳥やリス

遥か昨日のこと

襟を立てて胸を握りしめて
目的もなく顔を上げて歩いた

何を求めていたのだろう 外国人として

知りたかった自分のこと 誰よりも
夢は明日と同じくらい仲間だった

確かにそうだった

静けさだけが目の前を通り過ぎた
とびきり新鮮な星が胸に輝いていた

知りたかった自分のこと 誰よりも
夢は明日と同じくらい仲間だった

知りたかった自分のこと 誰よりも
夢は明日と同じくらい仲間だった

確かにそうだった
遥か昨日のこと



1 篇评论

发表评论