【歌词】誰がために鐘は鳴る | 钟声为谁而鸣

<<返回「Black&White」

钟声为谁而鸣
译者:thunder
未经译者同意不得转载
在春天花朵盛开 在夏天结出果实
经过了伤感的秋天 忍受着寒冬

失去一些东西 并不一定是坏事
那是为了遇见真正的幸福 这样去想就好了

因无法互相理解而擦肩而过的人 带着陌生的面容

啊啊风在抚弄着我的心 就在如今向前走吧
啊啊即使梦想已经离开了手心

也想要对它呼喊 对它细语
告诉它我仍然还活着

在我的手中拥抱着的 不是幻觉

是真真切切想要表达的话语 用温暖的气息

我所留下的这首爱之歌 用某人的声音来唱

啊啊穿过了某处向前流淌 在如今这个时代中
啊啊侧耳倾听举目凝视

愿互相触碰的和弦 彼此相互靠近
在我歌唱的时候

如今的我所不知道的 道路若隐若现
回响在心中印刻在眼眸 钟声为谁而鸣

啊啊风在抚弄着我的心 就在如今向前走吧
啊啊风在抚弄着我的心 就在如今向前走吧
啊啊即使梦想已经离开了手心

也想要对它呼喊 对它细语
告诉它我仍然还活着

译注:「誰がために鐘は鳴る」是美国作家海明威的一部长篇小说,后被改编为电影,背景是美国人参加西班牙人民反法西斯战争。中文译名为“丧钟为谁而鸣”或“战地钟声”。
誰がために鐘は鳴る
作词、作曲:ASKA
编曲:ASKA, 鈴川真樹
春には花は咲き 夏には実を結ぶ
切ない秋をくぐり抜け 冬を耐え忍び

何かをなくすのは 悪いことじゃなくて
本当の幸せに出会うためさ そう思えばいい

解り合えなくて過ぎて行く人 見知らない顔で

ああ風がなぶる僕の胸 今こそ歩めと
ああ手を離れた夢にも

呼びかけてみよう 呟いてみよう
僕は生きると

この手に抱いたのは 幻ではなくて

確かに伝えたかった言葉さ 吐息 温もりで

僕の残したこの愛の歌 誰かの声で

ああどこを越えて流れてく 今日という時代で
ああ耳をすませ目をこらせ

触れあうハーモニー 寄り添うように
僕は歌うと

今の僕には分らない 道が見え隠れて
心に響く瞼に染みる 誰がために鐘は鳴る

ああ風がなぶる僕の胸 今こそ歩めと
ああ風がなぶる僕の胸 今こそ歩めと
ああ手を離れた夢にも

呼びかけてみよう 呟いてみよう
僕は生きると



2 篇评论

发表评论