【歌词】と、いう話さ | 据说就是如此

<<返回「Too many people」

据说就是如此
译者:thunder
未经译者同意不得转载
在海洋中沉溺 在沙漠中干涸 在都市的丛林中叫喊
虽然看不见但确实存在着的 比如说爱 比如说罪恶

无论是多么大的鸟儿 也无法比想象中飞得更高
徒劳的野心 美丽的绝望 爱情将这一切包裹
据说就是如此

有人喜欢别人 有人讨厌别人 眼泪喜欢的是爱情
当时钟的指针向前迈进 就成为了时间

无论是多么小的虫子 也不会比想象中变得更小
把贝壳放在耳边 就能听见海涛的声音
据说就是如此

为了让纸张不被风吹走
总是在梦想上压着小石子
在夕阳下拉长的影子 被印刻在夏日的石阶上
慢慢变浅变得模糊

在怀抱着的手臂里 女人变得安静了
话语在口中 开始流畅的游动

即使语言已经匮乏 也还是用温柔的眼神望着我
像X光透视我的心 在想着什么呢
据说就是如此

有些东西会逐渐毁坏溶解 在脑海中消失
就像在彗星的轨道上 习惯性地画着圆形回到原点
恶作剧的纸飞机 在空中飞舞

为了让纸张不被风吹走
总是在梦想上压着小石子
在夕阳下拉长的影子 被印刻在夏日的石阶上
慢慢变浅变得模糊

と、いう話さ
作词、作曲:ASKA
编曲:ASKA、鈴川真樹
海で溺れて砂漠で乾いて 都会のジャングルで叫ぶ
見えないくせに存在している 愛だとか罪だとか

どんな大きな鳥にだって 想像よりは高くは飛べない
空しい野望 美しい絶望 それを包む愛情
と、いう話さ

人は人が好き 人は人は嫌い 涙は愛が好き
時計の針が前に進めば 時間となって行く

どんな小さな虫にだって 想像よりは小さくなれない
貝の殻を耳に当てたなら 潮騒の音が聞こえる
と、いう話さ

紙が風に飛ばされぬよう
小石を乗せつづける夢を見た
夕暮れに伸びた影が 夏の石段に焼き付けられてる
少しずつ浅くなって薄らいだ

抱いた腕の中で静かになってゆく女がいる
言葉が口の真ん中で 滑らかに泳ぎ始める

痩せたフレーズでも 優しい眼差しをしてくれる
心にレントゲンを透かしてる 何を思っているのか
と、いう話さ

壊されて溶けていった 頭の中で消えたものがある
彗星の軌道をして 慣れた円を描いて戻って来る
悪戯の紙飛行機 空を舞う

紙が風に飛ばされぬよう
小石を乗せつづける夢を見た
夕暮れに伸びた影が 夏の石段に焼き付けられてる
少しずつ浅くなって薄らいだ



1 篇评论

发表评论